クラウドサインについて

電子契約「クラウドサイン」
のメリット

  • 印紙代・郵送費等のコストカット
  • 契約締結にかかわる業務の効率化
  • コンプライアンス強化

※クラウドサインの機能詳細についてはこちらをご確認ください

「MyQuick」と「クラウドサイン」の連携メリット

  • 紙の契約との一元管理によるコンプライアンス強化
  • アクセス権管理による内部統制強化
  • 柔軟な通知による更新漏れ防止
  • 台帳メンテナンスの効率化
  • 電子契約前の確認フローの効率化

紙の契約との一元管理によるコンプライアンス強化

電子契約を利用することで契約書管理の体制や環境をこれまで以上に整備する必要があります。紙の契約書と一元的に管理することが望ましいと言えます。
MyQuikを導入することで契約書管理の環境を強化し、かつクラウドサイン連携することで、締結済みの電子契約が自動的に取り込まれるため、管理漏れを防ぐことができます

アクセス権管理による内部統制強化

部署ごとに閲覧制限や操作権限を設定したいというような運用は電子契約サービスでは難しいことが多いです。
クラウドサインで締結した契約書の共有や台帳情報のメンテナンスなども契約書管理システムと連携することで柔軟に行うことができ、内部統制の強化を行うことができます。

柔軟な通知による更新漏れ防止

クラウドサインでも更新の通知日を知らせる機能はありますが、複数回通知したい場合や、細かい通知先の指定、特定の契約だけ通知先を増やすというような指定をすることはできません。
MyQuickを導入することで更新漏れをなくすための柔軟な通知設定を実現できます。

台帳メンテナンスの効率化

契約書管理において台帳のメンテナンス(最新化)が問題になることが多いです。自動更新のため解約日が古いままになっていた、というようなことも珍しくありません。
MyQuickでは満了日の自動更新や一括更新機能により台帳メンテナンスを効率化することが可能です。

電子契約前の確認フローの効率化

クラウドサイン上で締結した契約書を取り込むだけではなく、MyQuickに登録した契約書(案)をクラウドサインに送り、契約書の締結を行うことができます。その際にMyQuickの承認機能を利用することで、事前に確認・承認された契約書だけをクラウドサインで送信することができます。
また、クラウドサイン上に作成するアカウントは1つだけでよいためアカウント管理の工数を減らすことも可能です。

連携方法の流れ

クラウドサインとの連携方法は4とてもステップでとても簡単です。

  • STEP:01

  • STEP:02

  • STEP:03

  • STEP:04

STEP:01

MyQuickの定型項目設定画面でクラウドサインと連携するための項目を設定する

MyQuickの定型項目設定画面でクラウドサインと連携するための項目を設定する

①定型項目はMyQuickの管理画面から作成することができます。※管理者権限が必要です。
②項目の型や繰り返しの設定を前ページの説明を確認しながら設定してください。

STEP:02

MyQuickの定型項目とクラウドサインの管理項目を対応させる
※弊社から対応付けを行うためのエクセルファイルをお送りいたします。

MyQuickの定型項目とクラウドサインの管理項目を対応させる

STEP:03

クラウドサインの管理機能からクライアントIDを作成

クラウドサインの管理機能からクライアントIDを作成

①クラウドサインの上部右側の「ユーザ名」をクリックします。
②「管理画面に移動」をクリックします。
③左側のメニューから「クライアントID」をクリックします。
④「新しいクライアントIDを発行する」をクリックします
⑤発行されたクライアントIDを確認します。
※MyQuickのクラウドサイン連携設定画面に入力ください。※クライアントIDは第三者に知られないようにしてください。

STEP:04

MyQuickの管理機能からステップ3で作成したクライアントIDを入力

MyQuickの管理機能からステップ3で作成したクライアントIDを入力

クラウドサインの価格

基本プラン スタンダードプラン 基本料:140,000円/年(税込154,000円/年)
100件の書類送信費用が含まれています
ビジネスプラン 基本料:1,220,000円/年(税込1,342,000円/年)
100件の書類送信が含まれています
オプション 追加年間送信パック
(100件)
20,000円/パック(税込22,000円/パック)
※101件目の送信後に自動的に年間送信パック(100件)の購入手続きが行われます。
(以後100件毎の送信の際に同様に購入手続きが行われます)
※契約更新時に年間送信パックが余っていた場合でも次年度への持越しはできません

※基本プランはスタンダードプラン、ビジネスプランどちらかのお申込みとなります。

※1年ごとの自動更新となります

※クラウドサインの詳細機能についてはこちらをご覧ください。

MyQuickをご契約のお客様にはセット価格のご案内が可能です。
詳しくはこちらからお問い合わせください。

当社が扱う理由

弁護士ドットコムが提供する電子契約サービス「クラウドサイン」は、Web上で契約を締結することができるサービスです。取引先と契約をより速く・安全に締結するとともに、締結にかかわる押印や郵送の業務負荷軽減でき、さらに印紙が不要の為、印紙税を節約できる電子契約サービスです。

一方、契約書管理システム「MyQuick」は、紙の契約書と電子契約書を一緒に保管することで情報共有したり、満了日の管理を行い契約更新漏れを防ぐなどの契約書管理強化のためのシステムです。2018年にはクラウドサインとの連携機能を搭載し、電子契約の締結から保管までをワンストップで提供できるようになりました。しかしながら、これまではクラウドサインの利用にあたっては、お客様自身にて別途弁護士ドットコム社へお申し込みいただく必要がありました。

そこで、お申し込み手続きや、支払い手続きをワンストップ化することで、お客様の負担を減らせると考え、今回クラウドサインの販売を開始いたしました。

お問い合わせ・製品資料ダウンロード

無料お試しデモのお申込み、営業担当による詳細説明のご希望、資料請求のお申込みはこちらから

お電話でのお問い合わせ

03-6866-3590

06-7220-4931

03-6866-3590 06-7220-4931

受付時間   平⽇09:15〜17:30